TECHNICALPITCH知ってる?IoT野球ボール:元巨人 宮本も絶賛!

IoT野球ボール IoT野球ボール




株式会社アクロディアが販売する硬式野球ボールをIoT対応したスポーツ系IoT製品「Technical Pitch」。

元巨人軍ピッチャーでありピッチングのスペシャリスト中村稔氏、元巨人軍ピッチャーの宮本和知氏、女子野球元日本代表であり茨城ゴールデンゴールズ監督兼選手の片岡安祐美さんらが、発売記念記者発表会に駆けつけました。

野球においてピッチャーに求められるものを考えると

  • 制球力
  • スピード
  • 威力
  • キレ
  • 故障の少ない体
  • スタミナ

などが挙げられるが、この中で、キレ、威力、特にキレというのは抽象的ある。

制球力は、構えた所に投げられるか?
スピードは、スピードガンで計測
などでわかるが、キレというのはどうゆう球がそうなのか?
どうゆう状況の場合、キレがいいと言えるのか?

コーチ、テレビで言えば解説者にゆだねるものであった。
それが、数値化できそうなのがこのTECHNICALPITCH。

「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの軌跡や振りの強さ、投球時間」を計測できるので、
回転数、回転軸、このあたりの分析ができることで、一様のキレが良いという定義が確率できるというものだ。

さらに
プロ野球各球団の2017年秋季キャンプが各地で行われているが、そこにIoT野球ボールの「Technical Pitch」10ダースを提供しているらしいということで、より具体的な使い方、分析方法がチームごとにできていくかもしれない。

 

 

TECHNICALPITCHが今後の野球を変えていくかも。

シーズン終了後に行われるトライアウト。
球団関係者の前で自己の能力をアピールし、契約を目指す場ですが、現状実戦形式で行っていますが、ピッチャーにおいては、TECHNICALPITCHで10球投げるだけで、ふるい落としができるかもしれない。

フォームを固めるのではなく、数値を安定される
プロの世界で生き残るためには、フォームを固め、安定感を増すことは必要なこと。
下半身を鍛え、軸がぶれないように・・・。
このフォームを固めるというトレーニングに、TECHNICALPITCHの数値を安定させるというトレーニングもプラスされるだろう。
数値に関しては、フォームや投手の個性に合わせてコーチが分析することになるだろうから、テクニカルに強いコーチの存在も求めらるだろう。

自己売り込み
TECHNICALPITCHを持って、球団関係者に直談判することで、スカウトマンとは別の門戸は開けるかもしれない。
もちろん、スカウトマンには必須アイテムになることでしょう。

お父さんも子供のために
熱血お父さんは、子供のために、TECHNICALPITCHを購入し、新しい形のキャッチボールが生まれるかもしれません。

 

終わりに
今回の業績回復で、株価は一気に上がり、
今後の株価上昇の期待を受けている。

 

■「Technical Pitch」とは
「Technical Pitch」は、アルプス電気株式会社の協力の元、硬式野球ボールの中心部に9軸センサー※1を内蔵したIoT製品です。ボール本体は、硬式野球ボールと同じ重量、同じ固さ、同じ素材で出来ており、ユーザは試合球と同じ感覚で投球する事は可能です。ボール本体を投げると投球データがスマートフォンに転送され、 「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さ」を計測し、専用サーバーで投球データ解析なども出来ます。特許取得済み※2の世界初の新技術です。
※1:3軸加速度センサー、3軸地磁気センサー、3軸角速度センサー
※2:特許取得(特許6186544号)



IoT野球ボール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
穿(うが)った見方
タイトルとURLをコピーしました