大竹まことの娘 大麻で逮捕”公人の娘?”

大竹まことの娘 大麻 大竹まこと




タレント・大竹まこと(68)が1日、東京・浜松町の文化放送で会見を行い、長女で会社員の女性(28)が1月末に大麻取締法違反(所持)で逮捕されたことについて謝罪した。一方で、長女の人格に関わるような質問には多くを語らずだった。



大竹は会見中、何度も公人と私人の違いを強調した。長女の年齢は28歳、大学を出て社会人として6年も勤務し、実家も出て一人暮らしを行っている。父として「私は公人なので話す義務も責任ある」と会見を行ったが、長女の性格や仕事については「一般人。私もどこまで話していいのかわからない」と多くを語らず、報道陣から質問を重ねられると「どうしてもとおっしゃるならお話します」とやんわり拒否する場面も。

こんな内容。

芸能人の娘だから、会見は必須なのか?

大竹さんは会見で、俺は俺、娘は娘の姿勢だったが、28歳の社会人として個人的にはそのスタンスを支持する。

質問では何度も
「どうしてもということであれば、お話します」
という受け答えに終始しましたが、この対応も個人的に悪いとは思わない。

不倫問題もそうですが、
芸能人だろうと政治家だろうと当人、相手、配偶者との問題であって、一般視聴者が関与するものではない。

前にも書いたが、
ガソリーヌみたいに、不倫を否定していた人が不倫をしていれば、総攻撃になってしょうがないと思うが、
今回のような娘とは言え、大の大人の対応に関して、公人(芸能人)としての会見は必要であるが、私人(娘)のことを語らなくてもいいと思うし、今後もこの流れでいいと思う。

 

 

ただ
芸能界の父と娘の関係となると、やっぱり、大麻の経路に関しては、公人・私人は別の話。

娘がやっているので父もやっているとは思わない。

とはいえ、娘がどの経路でその道に入ったのか?
というのははっきりさせないといけないと思う。

大麻で逮捕となると、
偶然に見つかり捕まったというより、事前にマークされていた可能性の方が高い。
仮に事前にマークとなれば、娘さんの周辺人物から芋ずる的にマークされていたということになるかもしれない。

それが、芸能界の人物であったとすれば、
公人の父、私人の娘という枠では済まされない。

 

終わりに
芸能人の大麻逮捕、有名人の子供(娘・息子)の覚せい剤逮捕が続く中、
事務所や親はどの様な対応をしているのだろうか?
常に気になる。
芸能事務所は、所属タレントの全員チェックをしないのか?

親は子に対して甘い部分があるとはいえ、
公人だからこそ、子供の管理も必要だと思わないといけないのではないか?

大竹さんの娘さんの場合、
そのうちネットで名前や顔が公表されるだろう。
大竹まこと娘の顔画像や経歴が流出!みたいな・・・。

そして、交友関係や性格、日常生活、トラブルなども出てくるだろう。
そこで、いつ薬を出してもかしくないような生活を送っているようであれば、今回の大竹さんの会見はすべて台無しになり、彼はそれなりの責任を課せられるだろう。

今回の会見の大竹さんの公人・私人対応は、その自身の芸能界をかけた会見ということと受け止めたい。

 



大竹まこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
穿(うが)った見方
タイトルとURLをコピーしました