判断の難しさ・・・。石原さとみ「看護師」・葛西りまさんの「 黒石市長賞」

石原さとみ 看護師




最近、難しい判断が、いろいろ問題になっている。

まず、石原さとみさんの「看護師」問題

事の発端は10月3日に出演したバラエティー番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)。
「看護師の勉強をしたい。(看護師に)なりたい」
「もし(芸能界を)干されたら」

の発言。

もし、干されたら・・・・。

これがポイントでした。

看護師の大変さを少しは分かっていただろうに・・・・・。

干されて行き場のない人が、いくところが看護師ではない!

という言い分もわかるが、そんな意味で言っていないのも明白。

じゃぁだよ。

ここで思うのは、石原さとみさんが、ベッキー事件より、もっと大きい事件を起こしたら・・・・。

基本的には、自粛なんだろうが、一時的にせよ、芸能界を干される形になる・・・。

そうしたら、看護師目指すの?

ってまた、今回の発言が表に出てくるかもね。

もう1つ

8月25日に自殺した青森市内の女子中学生、葛西りまさんを撮影した写真が最高賞「黒石市長賞」の授与の内定を取り消された問題で、黒石市の高樋憲市長は10月19日、方針を撤回して同賞を贈ると発表した。NHKニュースなどが報じた。

このニュース。

軽はずみなことはいえないけど、いい顔してる写真なのになぁ~。

人生っていろいろあるけど、苦しいこともあるけど、楽しいこともあるよね。

この問題、選出したあとに、本人の確認をしたところ、事実が発覚し取り消したということだけど、

東奥日報によると、コンテストを主催する黒石よされ実行委員会は、撮影者や遺族に事情を説明し、授賞や写真公表の快諾を得ていた。しかし、10月13日夜、実行委の担当者や審査員らの再協議の結果、内定取り消しを決めた。黒石市の高樋市長も14日、実行委に「多くの人に祭りを知ってもらうという賞の趣旨になじまない」と伝達していたという。

というこも。

市の対応として、
遺族をかんがみての判断ではあったのかもしれないが、中途半端な決定がこんなことになってしまった。

家族も複雑な思いはあった中快諾し、それをりまさんの思い出にしようと思っていた中で、

これは、明らかに、遺族に確認する段階で、ある程度の判断をしておくべきだった。

ただ、選出を覆し、市長が謝罪したことは、判断に間違いがあり、後だしだとしても対応できたことは、うやむやにしてしまうよりはスッキリする決着であった。

とはいえ、市は反省しなくてはならないし、遺族には、誠心誠意接する必要はある。