凱旋門賞が今年から買える!

凱旋門賞 凱旋門賞




競馬をやらない人には、一切興味がないことだろうが、

今年から、凱旋門賞の馬券が買えるようになる・・・。

凱旋門賞とは
ヨーロッパ最大の2400m競走で、ここ数年日本馬も出走し、エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴルが2着にきている。

今年は、日本ダービー馬、マカヒキが出走し、盛り上がりを見せている。

父ディープインパクトの雪辱を晴らせるか?

ステップレースとして、ニエユ賞を余裕のある走りで勝利し、いい形で本番を迎えられそう。

しかし、今年はメンバーが揃っている。

3月のドバイシーマクラシックではドゥラメンテを破って優勝。GI4勝を含め目下6連勝中のポストポンド
18戦して[5-10-2-1]という戦績の堅実な牝馬。ファウンド
英ダービー、愛ダービーを連勝のハーザンド
英牝馬二冠を達成し、その後も古牝馬相手にGIを連勝したマインディング
9/11のヴェルメイユ賞でGI初制覇したレフトハンド
などが有力馬が多い。

レベルが高いか?
といわれれば、過去最高ではないが、マカヒキが優勝できる確立と考えれば、オルフェーヴルのときに比べれば数段高い。

その凱旋門賞で今年から馬券が買えるわけであるが、

1つ気にしなくてはないらないことがる。

それはオッズ。

ヨーロッパのブックメーカーのオッズが採用されるわけではなく、日本での購入された馬券、人気投票がそのままオッズとなる。

ようするに、マカヒキを応援する人が多いだろうから、必然的にマカヒキのオッズは高くなると考えられる。

もちろん、ドゥラメンテを破ったポストポンドもおなじみの1頭なので、この馬とマカヒキの1,2人気はなんとなく察しがつく。

ということは、なじみが薄いが能力のある馬が見逃される可能性が高い。

ブックメーカーのオッズと日本のオッズを見比べて、著しく差がある馬がそれにあたるが、だからといってそう簡単にもいかないだろう。

今年はロンシャン競馬場の改修でシャンティイ競馬場で行われる。

ロンシャン競馬場は、馬場による差が激しいことがあり、シャンティイ競馬場はそれよりはマシとの見方もあるが、ヨーロッパの馬場は天気でかなり変わるし、タイム1つとっても日本の2400mより平気で10秒遅いなんてことも多々。

馬の調子だけでなく馬場適性も一考しなくてはならないし、正直いえば、見るレースなのかもしれない。

幸い今週は、JRAのG1、スプリンターズステークスがある。

勝負はこちらにしておいたほうがいいかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました