今度は、塚原女子強化本部長ですかぁ・・・。

塚原女子強化本部長 塚原女子強化本部長




体操女子の世界選手権(10~11月、カタール)代表候補で、2016年リオ五輪代表の宮川紗江(18)が29日、自身への暴力行為で日本協会から無期限登録抹消などの処分を受けた速見佑斗コーチ(34)に関する会見を東京都内で開き、処分軽減を求めた。速見氏の暴力行為は認めた上で、改めて師事を表明。処分を下した日本協会の意図を「コーチと私を引き離そうとしている」と述べた。塚原千恵子・女子強化本部長(71)の関与を指摘し「権力を使った暴力。パワハラだと思う」と告発した。

この件、
体操女子の宮川紗江さんの会見を見て、内容はちょっと私見が行き過ぎってところもあったけど、しっかりした人だぁ~っと感じる部分が多かった。

本来なら会見でニオワせて、メディアに言わせるのが本来のテクニックだけど
宮川さん18歳ということで、弁護士さんも逆にそれを狙ったんだと思うけど、思いのほか宮川さんの会見がしっかりしすぎていて、逆効果だったかもね。

どっかの宮川とは大違いだね。

 

もちろん、宮川さんが正しくて、協会が間違っているというわけではないけど、メディアの伝え方が面白いよね。

  • 宮嶋泰子さんとかは、完全に協会側の人みたいなので、協会擁護の立場で語るし、誘導するし・・・。
  • 池谷さんとかは、自身がコーチという立場なので、引き抜きを現実的を見ているから、塚原女子強化本部長のことねぇ~っと冷ややかな対応だし・・・。

 
 
ただ、すべてをごっちゃにして、
誰が良くて、誰が悪いって形に落とそうとするから、結果的に印象操作のカタチが作られちゃうわけで

  • 速見元コーチの暴力
  • 塚原女子強化本部長のパワハラ

を別々に語っていかないといけないわけで・・・。
 
多分、今後、
宮川VS協会
って感じにしていくんでしょ。
 
塚原女子強化本部長も絵になる人なので、まつり上げられるんだろうけど・・・・。
 
それもどうかなぁ~!?

だって塚原女子強化本部長の引き抜きはあるとおもうよ。

レスリングの時もそうだったけど、
能力、実力のある選手を、手の届くところに置いておきたいというのは普通の話。

女子体操の場合、実業団が少ないということもあり、
自然な流れでもあるけど、持っていき方が悪かったからパワハラになっちゃったってことでしょ。
 
 
あと、パワハラの話だと
宮川さんと速見さんはパワハラではない。
宮川さんと塚原女子強化本部長はパワハラです。

ただ、
速見さんのは暴力なので、本人の思いがどうこうではないのも事実。
 
 
最後に
ボクシングの山根会長の件、すっかり下火になったのは
あれは、山根会長が自分の気持ちをしっかり言えたからだと思う。
ブラックのところはあったし、強引なところもあったけど、ボクシング協会・選手のためにやった行為であるということが伝えた。

今回、
塚原女子強化本部長も記者会見することになるだろうけど、引き抜きの事実をしっかり伝えればいい。

選手の為にというのは表向きかもしれない。
自分のそばで選手を見て、口を出したかった。
もちろん、権力という部分も使ったが、それによって1人でもメダルに近づける選手を育成できるのであれば、それが私として、本部長としての最善の策・行為だと思っての行動だった。

ただ、利権とか名誉のためではなく、日本の体操女子のためにおこなった行為がパワハラになってごめんなさい。
って。

 
 
力のある人ってどうしても悪人に見られる部分あるけど、力があるからできることもあるわけだし、日本の体操は男子に比べれば、村上さんとかいるけど女子はまだまだ。

体操協会にかぎらず、どの協会も東京オリンピック2020でのメダル奪取のために、強引な意思決定は迫られるのは事実。

強化選手をたくさん作るより、強化選手を2,3人に絞って、そこのお金をかけたほうがいい場合もある。

その辺の意思決定は、協会トップでしかできない。

強引な決断に批判があっても、それに対してのしっかりした想いを伝えられるか?そこも重要だと思う。