バレーボール日本代表・中田久美と中垣内かぁ~

バレーボール




リオオリンピックが終わり

1つ分かったことは、コーチ、監督の良しあしで結果が変わるということ。

その意味では、注目の監督選出であるが、

かつての日本のお家芸、バレーボールの監督が決まった。

女子は、日本バレーボール界のレジェンドの一人の中田久美監督、男子は中垣内監督となった。

中田久美と言えば、やっぱこれ

「てめえらコノヤロー」でしょ~。

彼女の実業団の監督実績と日本代表は別だとは言え、彼女の一挙手一投足は注目だ。

シンクロの井村監督は、鬼監督としての代表格であるが、バレーボールとシンクロは別。

中田久美さんがどのような監督像を見せるのか?わからないが、「てめえらコノヤロー」のスタイルになるだろうか?

前監督の真鍋監督は頭脳派監督、データ重視の監督であった。

バレーボール自体がデータ時代であるとはいえ、それ以上に個の選手をそろえたい。

その意味では、名セッターを育成してほしいし、中田色を存分に出した形でチーム作りをしてもらいたい。

方や男子、中垣内監督。

男子バレーボールのスーパーエースとして一時代を築いた。

男子バレーが低迷し、オリンピックにすら出場できない状況を考えると、世界と対等に戦えるメンバー育成と戦術・・・

前提として、高さとパワーは必須となるのかもしれない。

高さや強さをアピールするのは男女とも難しいバレーボール業界であるだけに、監督の個性が世界トップレベルのものなのか?

適性や資質が試されるということだろう・・・・。

サッカーにくらべ注目度が低いとはいえ、東京オリンピックでは、結果を残したいスポーツだけに

結果次第では、早い段階での監督交代もあるかもしれない。



バレーボール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
穿(うが)った見方
タイトルとURLをコピーしました